ディズニー英語システム(DWE)の使い方

ディズニー英語システム(DWE)を子供が飽きる3つの理由

ディズニー英語システム(DWE)フルセットの本棚

子供向け英語教材「ディズニー英語システム(DWE)」を続けていると、子供が必ず途中で飽きる時期がやってきます。

知人のDWEユーザーの方にも話を聞いてみると、ほとんどの子供が教材に飽きてしまったそうです。

「DWEはなぜ飽きられてしまうのでしょうか?」経験とDWEユーザー(CFK仲間)の話を聞いたことをまとめて紹介します。

 

スポンサーリンク

同じ映像を繰り返し見るから

テレビで英語教材を見る子供

ディズニー英語システム(DWE)が子供に飽きられる理由はいくつか考えられます。思いつく範囲でまとめてみます。

教材を何度も繰り返して見ることで、英語の歌や文章を覚えていく(インプットする)のがDWE。繰り返してみる必要があるので、どうしても飽きられがちです。

誰だって同じ番組を何度も見るのは嫌ですからね。大人なら英語の勉強と割り切って見ると思いますが、子供は嫌なものは嫌なので、当然素直に嫌がるのは当然です。

また、2歳ぐらいからスタートするイヤイヤ期などもあるので、1歳の頃は普通に見せられていても、途中から見るのを嫌がってしまうのも時期的にあり得ます。

 

「ディズニー英語システム(DWE)」ストレートプレイDVD、シングアロング、トークアロングカード、ブックの各教材の写真

DWEユーザー(CFK仲間)に話を聞いたところ、2人目の子供は妊娠の時期から聞かせていて、0歳~3歳ぐらいまではディズニー英語システムがむしろ大好きだったそうです。

1人目の子供とは違い大好きなことに喜んでいたそうですが、残念ながら今は飽きてしまったようです。飽きてしまった年齢は4歳。それまでは順調だったのに残念と話していました。

以上のように同じ家庭でも1人目の子供はすぐに嫌がったり、2人目の子供は大好き。それでも飽きられるのです。私の家のようにすぐに嫌がるということがなくても、そのようなことが起こりうるのです。

 

スポンサーリンク

ミッキーやミニーの映像が古く魅力を感じない

DWE「シングアロング1」と「ストレートプレイDVD1」のパッケージ

ディズニー英語システムを購入する前は、「ミッキーやミニーなどが出ているディズニーだから子供が楽しく英語を勉強できる」と思ったものですが、それは子供にとっては特に関係がないようです。

映像が初期のミッキーマウスのアニメを使っているので、どうしても作品が古くて魅力を感じないというのがあります。

ミッキーやミニーが出演していない「プレイアロング」や別売りの「ジッピー&ミー(Zippy and Me)」の方が子供は好きだったりするので、ディズニーだから子供が興味を持って見るというわけではありません。

 

参加型の教材が少ないから

ディズニー英語システム(DWE)シングアロング1とプレイアロング1

子供が参加してミッキーやミニーと一緒に歌を歌っていくのであれば、子供ももう少しノリノリでやるとは思うのですが、そういうところが無いのが飽きられる理由の一つだと思います。

例えばワールドファミリーの通販にある、英語を歌いながらダンスするといった内容だと、子供は大好きだったりします。やはり受け身の教材だとなかなか繰り返し見るのは難しいようです。

ただ全ての教材がそうというわけはありません。おもちゃを使うプレイアロングレッツプレイなどは参加型教材でもあります。そのような教材はたまに見たいと言っているので、参加型や受動型の違いがあるのかもしれません。

ディズニー英語システム(DWE)には以上のような理由があることから、ワールドファミリークラブという会員があり、参加してアウトプットすることで子供や親のモチベーションを上げたりする必要があるのだと感じています。

関連:「ディズニー英語システム(DWE)を飽きずに継続するための工夫」に戻る

スポンサーリンク

関連記事と広告

-ディズニー英語システム(DWE)の使い方

Copyright© DWEファン , 2019 All Rights Reserved.