ディズニー英語システム(DWE)の購入

ディズニー英語システム(DWE)の中古教材・正規品を比較

「ディズニー英語システム(DWE)」シングアロング、プレイアロング、ストレートプレイ、トークアロングカードの4つの写真

幼児向け英語教材「ディズニー英語システム(DWE)」を購入する時にとても悩んだのが中古教材で買うか、新規で買うかです。

普通なら新規購入が普通なのですが、DWEの場合、とても高すぎて簡単に手が出せる値段ではありませんでした。

そうなってくると、中古で購入するという方法もあり得ると夫婦で話し合い、両面で調べてみることにしました。

どちらもにもメリット・デメリットがあります。中古教材と正規品(新規)で一体どちらが良いのかについて比較してご紹介します。

スポンサーリンク

中古教材をを購入する場合

棚に入っているシングアロングDVDとCD

「ディズニー英語システム(DWE)」の教材はとても価格が高いということもあり、中古を購入される方も多いです。

あまりに高価なので、中古教材の販売会社が複数存在します。その他、オークションフリーマーケット(フリマ)なども必ずありました。これらを我が家も何度も確認しました。するとあることがわかってきます。

DWEの教材はニューバージョンの中古と古いバージョンの中古があるということです。例えばシングアロングは12枚組が最新版ですが、古いバージョンだと4枚組しかないのです。

またニューバージョンの中でもアメリカの子供たちが新しくなっていたりと色々とバージョンをアップさせてきています。中古はレトロ感がありすぎて、悩みますね。

どうせ買うならシングアロング12枚組が良いだろうと見ていくと、普通に10万円超えしてます。う~ん、中古教材のバラでも12万円もするのかと保留になりました。

後日談

今ではシングアロングの12枚組は普通に見かけるようになりましたが、当時は今から4~5年前ということで、12枚組をそれほど見かけなかったという時期でもあったのも関係しています。

 

スポンサーリンク

正規品(新規)教材を購入する場合

「ディズニー英語システム(DWE)」シングアロング、プレイアロング、ストレートプレイ、トークアロングカードの4つの写真

ワールドファミリーで新規教材を買う場合、もちろん新しいのですが、それ以外に良い点がいくつかあります。

それは会員を続けていると、バージョンがアップするたびに教材を無料で教材を交換してくれるというのです。今後映像のアメリカの子供たちが変更されたり、内容が変わることが中古教材を見てわかっていたので、これは新規であることのメリットあるなと感じました。

正規品でもシングアロングセットやプレイアロングセットなどのばら売りもしています。しかし、ある順番で買っていかないとストレートプレイDVDが買えないということも知りました。

この理由はシングアロングなどを中古で購入した人が、その続きのストレートプレイDVDを正規品(新規)で買いたいという人が多いからです。確かにこの考えは思い浮かびますね。

最初から正規品を購入した人しか、続きの教材を買うことができない、本当によくできています(苦笑)。

あとは正規品の会員だと、色々と教材の使い方を教えてもらえたり、子供が教材に興味が無ければその都度アドバイスを貰えたりもします。そういうノウハウを知りたい方には正規教材が適しています。

後日談

このあたりは購入して6年目だとわかるのですが、何も知らないこの時期だと仕方がないですね。教材の使い方については、子どもそれぞれ性格が違うので、未だに試行錯誤しているのですが。

 

まとめ

中古はもちろん安いというメリットがありますが、当然レトロ感があります。より新品に近ければ値段はさらにアップします。

それに対し、正規品(新品)だと当然新しいし、フルセットだと本棚も付いてきますし、サポートもある。バラで買ってもその後買い足しも出来るしなど、それぞれのメリットデメリットがあることがわかりました。

正規品と中古で最も大きな違いは価格の差です。これにつきますね。元々安ければ当然みんな正規品を買うだろし、当然中古教材の会社も存在しませんからね。

それぞれの家庭で出せる予算が決まっているので、そのあたりは各家庭で相談して決めて下さい。

因みに我が家は中古と正規品を比較したこの時は、まさか後に正規品のフルセットを購入するとは夢にも思っていなかった時期です(苦笑)。

スポンサーリンク

関連記事と広告

-ディズニー英語システム(DWE)の購入

Copyright© DWEファン , 2019 All Rights Reserved.