PR ディズニー英語システム(DWE)の使い方

DWEシングアロングの使い方

「ディズニー英語システム(DWE)」シングアロングDVD12枚組

子供向け英語教材「ディズニー英語システム(DWE)」は、まずプレイアロングからスタートします。

しかしプレイアロングはプレ教材にあたるので、持っていない方もいるかと思います。

持っている方はプレイアロングから、持っていない方はシングアロング(Sing Along)から始めましょう。

シングアロングはDWE教材の第1弾の教材であり、メイン教材でもあります。ここで基礎をつくることで後のストレートプレイ、ステップバイステップに続けることができます。

DWE教材「シングアロング」の内容については下の記事を読んでみてください▼

シングアロング関連①DWEシングアロング:教材の内容や特徴

今回はディズニー英語システム(DWE)の教材「シングアロング」の使い方をBlu-ray/DVDからCDに分けてご紹介します。

 

スポンサーリンク

シングアロングには英語の重要な構文や単語が入っている

棚に入っているシングアロングDVDとCD

「ディズニー英語システム(DWE)」のシングアロングは特に対象年齢は特にありません。

購入してすぐに使っていきましょう。妊娠中の方も胎内で聞いているそうです。まだ話せない赤ちゃんにも聞かせると良いでしょう。

  • プレイアロングがある場合:プレイアロングとシングアロングを交互に見ていく
  • プレイアロングがない場合:シングアロングを中心に進める

シングアロングは字幕なし字幕ありカラオケと進みます。

まずは「字幕なし」と「字幕あり」までの映像をかけ流すことから始めます

シングアロングは韻を踏んだ歌詞が多いので、覚える気があれば意外と簡単に英語の歌詞を覚えることができます。

この歌詞を覚えることで、重要な構文や単語を同時に覚えることになるので、英会話のフレーズとして今後役立ってくるようになっています。

次にシングアロングブルーレイ(Blu-ray)/DVDとCDの使い方を具体的に見ていきます。

 

スポンサーリンク

シングアロング ブルーレイ/DVDの使い方

「ディズニー英語システム(DWE)」シングアロングDVD12枚組

シングアロングのメインとなるブルーレイとDVDの使い方を紹介します。

映像と同じ動きをすることで、その動作で使う英語を覚えていく

映像の場合は、画面に出てくるディズニーキャラクターやアメリカの子供たちと同じの動きをすることで、その動作で使う英語を覚えることができます。

例えば、「Clap your hands」ならその映像と同じように歌いながら手をたたく動作を親子で一緒に行いましょう。

幼児の場合はまだアルファベットがわからないので、「字幕なし」と「字幕あり」を流して2度同じ映像を見ていくようにして下さい。

覚えると書きましたが、ただかけ流すだけでもOK(かけ流し/聞き流し)。

一緒にその動作をすることで、子供はその歌の歌詞を覚えているので、子供は親と一緒に体験する方がより早く覚えていけるようです。

これは実際に子供を毎日見ている経験からそう感じています。

ただボーッとブルーレイ/DVDを見ているよりは、記憶に残るための意識的な動作を一緒にすることが歌詞を覚えることに繋がるようです。

このあたりは「プレイアロングの使い方」でも書きましたが、同じだと思います。

今後、アルファベットを覚える年齢になれば、「字幕あり」で文字を見ながら歌うと鮮明に歌詞を暗記し始めます。

アルファベットが書けるようになれば、実際に単語書き出すことで、あっという間に覚えてしまいます(これは日本語のひらがなやカタカナ学習と同じですね)。

 

カラオケ機能を使って英語の歌を覚えたかを確認できる

カラオケを使って覚えたかどうかを親子で遊びながら歌うのも良いと思います。

まだ文字を書けない時は、耳で聞いただけで暗記しているものが多いので、うる覚えのパートも出ています。これは少しずつ改善していくのが良いでしょう。

はっきりと改善させようとすると子供が嫌がってしまうので、やんわりと本当の歌詞を覚えることに務めましょう。

もちろん毎日かけ流していくと、子供自身が自然に気が付いて、覚えなおすということもあります。

 

シングアロングCDの使い方

「ディズニー英語システム(DWE)」シングアロングCD4枚組&スポークンバージョン4枚

次にシングアロングCDの使い方を紹介します。

歌を暗記したかをCDで確認できる

シングアロングCDは普段DVDの映像を見ているので、耳で聴くだけでどこまで覚えているかを確かめることができます。

 

ブルーレイ/DVDプレーヤーがないところではCDが活躍

毎朝、朝ごはんでCDを流したり、車で出かける時は車内でかけたりするのも良いでしょう。

普段映像を見ていますが、それ以外の違った使い方としてはシングアロングCDとシングアロングブックを組み合わせて使うことです。

子供にはシングアロングブックを見せながら、CDをかけ流すのが良いと思います。

 

シングアロングブック(絵本)の使い方

次にシングアロングブック(絵本)の使い方を紹介します。

いつもの映像と違う視点で歌詞を覚えられる

シングアロングブック(絵本)はブルーレイ/DVDの映像の一コマが載っているので、まるで映像を見ているのと同じように感じますが、違った方法で見ているということもあり、いつもと違うやり方というのもあり子供が歌詞を覚えるきっかけとなりました。

 

CDと絵本を組み合わせて使う

親がシングアロングブック(絵本)のページをめくったり、今歌っている歌に関係ある動作をブックの中から指をさして教えてあげるだけでも効果があります。

もちろん親が英語で読んであげてもOK。世の中には色々な発音の人がいるので、色々な聞き方を覚えることができます。

CDにはDVDと同じバージョンもありますが、朗読(Spoken Version)もあるので、たまにはそちらにすると歌詞から話し言葉に変化します。

その変化で突然理解することもありました。

 

ブックには重要単語が載っている

シングアロングブック(絵本)には、覚える歌に必要な英単語が載っています。

英単語にはブルーレイ/CDに出てくるのと同じ絵も載っているので、関連付けして覚えられるようになっています。

この単語とトークアロングカードと組み合わせて使うのもおすすめ。

 

英語が読めるようになると、音読すると英語力が一気に上る

上達してくると、シングアロング絵本と音読を組み合わせることで、英語のアウトプットができるようになり、ある日を境に急に英語力が向上するようになります。

10年以上DWEを使ってきて、音読をできるようになると英語力が急に上がっているのを実感しています。

 

シングアロングを続けるコツ

シングアロングを続けるためのコツを紹介します。

親子で一緒にブルーレイ/DVDを見る習慣づけが必要

子供は英語として聞いているのではなく、音として聞いているので、英語だとか日本語だとか区別なく暗記していけます

特に幼児期の早い年齢だとそれが顕著に表れます

大きくなると日本語が上達してくるので、それに対して英語がわからないということで嫌がることもありますが、気長に続けていくことが重要ですね。

ディズニー英語システム(DWE)は普通にかけ流しているだけでもOKだとはよく言われていますが、そう言われてはいるものの子供はテレビから離れて見ようとしなくなるので、親子で一緒に見る環境づくりがディズニー英語システムを使いこなすポイントになってきます

 

シングアロングのフレーズを生活の中で使うことが重要

また、シングアロングの曲のフレーズを実際に使うと覚えるのが早くなります。

例えばお風呂で”knock, knock, knok”、"Who is Knoking?"、"Please, come in"などから使ってみましょう。

結局のところ、親も一緒に参加することが子供が英語を習得するために最も重要だと感じています

そうすることで、子供が興味を持ち、ある日を境に英語を話せるようになっていきます。毎日の積み重ねが重要ですね。

関連:「ディズニー英語システム(DWE)の使い方・進め方[教材別・年齢別]」に戻る

 

DWEシングアロング関連記事一覧

シングアロングについて最初に読んでもらいたい内容特徴を書いています▼

シングアロング関連①DWEシングアロング:教材の内容や特徴

 

ディズニー英語システム(DWE)の教材「シングアロング」についてさらに知りたい方は以下の記事もあわせて読んでみて下さい▼

関連DWEシングアロングとプレイアロングだけで効果があるの?

関連シングアロングとストレートプレイDVD、どちらを買うべき?

 

年齢別のシングアロングの進め方を解説しています▼

関連赤ちゃん(0歳・1歳)のディズニー英語システム(DWE)の進め方

関連2歳・3歳のディズニー英語システム(DWE)の進め方

関連4歳・5歳のディズニー英語システム(DWE)の進め方

公式サイト

公式サイトディズニー英語システム(DWE)

Wプレゼントキャンペーン実施中[2024年9月1日(日)まで]

-ディズニー英語システム(DWE)の使い方
-