ディズニー英語システム(DWE)の種類と内容

DWEシングアロングDVD&CD:教材の内容や特徴

「ディズニー英語システム(DWE)」シングアロングDVD12枚組

プレイアロングを終了、又は平行して学習するのが「シングアロング(Sing Along)」です。映像が入ったDVDと音だけのCDがあります。

幼児向け英語教材「ディズニー英語システム(DWE)」の第1の教材であり、メイン教材と考えてOKです。(プレイアロングは教材に数えないので。)

シングアロングDVDとCDの内容や特徴をご紹介します。

スポンサーリンク

シングアロングDVDの内容や特徴

「ディズニー英語システム(DWE)」シングアロングDVD12枚組

シングアロングは第1の教材、英語の歌を歌いながらフレーズを覚えていくという教材です。

  • 英語の歌
  • 対象年齢:2歳から、又はマタニティ
  • 枚数:12枚
  • ブルー3枚、グリーン3枚、ライム3枚、イエロー3枚
  • 字幕なし→字幕あり→カラオケ
  • ディズニーキャラクターの映像が流れる

1枚に11~18曲ぐらいの曲が入っています。1曲2~3分のものもあれば、10秒ぐらいで終わる歌もあります。

字幕なし→字幕あり→カラオケの順番で流れ、そのまま再生していると同じ曲が3回流れるという仕組みになっています。

乳幼児はアルファベットは読めませんが、いずれ小学校以上になり理解した時のために字幕ありも入っています。

 

登場人物

  • ディズニーキャラクター
  • アメリカ人の小学生(少年・少女)

全てディズニーキャラクター(ミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、グーフィー、クララベル、プルート、チップ&デール)の映像が出てきます。

たまにガスグースやスクルージ(ドナルドのおじさん)なども出てきますよ。スクルージはお金持ちです。

ディズニーのアニメ以外に、アメリカ人の小学生が出てきます。個人的にはこちらの方が面白いです。

 

趣旨

英語の難しいフレーズを歌で覚えてしまおうという教材。ブルー、グリーン、ライム、イエローと、テーマごとに文法が入った歌詞になっています。

ブルーの1~2枚目は比較的簡単、ABC Song, What's your name?, What'sin your basket?など、英語のフレーズが短めの歌になっています。

しかしグリーンあたりからは複雑化していき、ライムでは使役などの文法も出てきます。最後のイエローでは少し復習をした後に、集大成となっています。

 

口コミ・評判

曲がそれぞれ独立していて淡々としていますが、ブルー、グリーン、ライム、イエローと各パッケージごとにテーマがあります。

シングアロングの歌を覚えることで、後で学習する「ストレートプレイDVD」や「ステップバイステップ」の基礎となっていきます。

  • ストレートプレイDVD
  • ステップバイステップ

実写のアメリカ人の少年・少女が出演する映像の方が、動きや景色がありとても面白い映像です。それに対し、ミッキーなどのディズニーキャラクターが登場する映像の方が単調で、子供が飽きやすい感じが子供を見ていると感じます。

個人的にはグリーンのピクニックの内容やライムのサーカス、イエローのディテクティブ(探偵)グーフィー魔法使いの弟子ミッキーの話が好きです。

普段からミッキーマウスを見えている方は、それぞれのキャラクターが出ているで楽しいです。特にチップ&デールのいたずらもありますよ。

 

スポンサーリンク

シングアロングCDの内容や特徴

「ディズニー英語システム(DWE)」シングアロングCD4枚組&スポークンバージョン4枚

シングアロングは上で紹介したDVD以外にCDもあります。

  • シングアロング:4枚
  • シングアロング(Spoken Version):4枚
  • ブルー、グリーン、ライム、イエロー:各1枚

食事中や車の運転中でもCDプレーヤーでシングアロングを流せるようになっています。ブルー、グリーン、ライム、イエロー各1枚なので、CD1枚に26~40曲ぐらい入っています。

シングアロングはDVDと全く同じ曲ですが、スポークンバージョン(Spoken Version)の方は少し会話のような歌になっています。もちろん同じフレーズ。

シングアロングの教材はCDとDVDがあることで、どのような場所や環境でも歌をかけ流すことが出来るようになっています。

【関連】DWEシングアロング(Sing Along)の使い方

スポンサーリンク

関連記事と広告

-ディズニー英語システム(DWE)の種類と内容
-, ,

Copyright© DWEファン , 2019 All Rights Reserved.